香水瓶

Web担当の山田です。

先週のある日のこと。

当店のフリーマーケットに出す商品の中から、
フタが開かない未使用の香水が出て来ました。

その日からさかのぼること数日。

同じくフリーマーケットに出す商品の中から、
フタが開かない陶器製のポットがあったのですが、
私にはどうやっても開けることができませんでした。

しかしこのポットのフタ、
その後熱湯に入れたところ
見事に開いたというではありませんか。

おそらく中の空気の温度が上がって
膨張したためだと思われます。

そこへ今回のフタが開かない香水瓶。

リベンジのチャンスとばかり、
絶対開けてやろうとネット検索すると、
瓶とフタの境目部分を輪ゴムなどで
ぐるぐる巻きにすれば開くかも、
という記事を発見しました。

ダメもとでやってみると…、

ブシャー!

開いたフタとともに飛び散る液体。

その日は店内が素敵な香りに包まれました…。

日記