肝臓と活性酸素

活性酸素は適量では細菌やウイルスの撃退など、体に良い働きをします。しかし、アルコールや薬の飲みすぎ、ウイルスからの攻撃、過労や精神的ストレスによって、肝細胞の中のミトコンドリアから過剰に活性酸素が発生してしまうと、肝細胞が肝繊維を放出するようになります。
そしてこの肝繊維が慢性的に増えた状態が続くと、肝繊維化が起こって肝硬変を生じます。したがって、肝繊維化を防ぐためには過剰な活性酸素を消去することが必要になるのです。

活性酸素を消去すれば肝細胞は再生する

肝細胞がダメージを受けて死滅すると、その部分は空洞になります。このときに活性酸素が大量にあると空洞部分に新しい細胞が再生できず、そこに肝繊維がはびこるようになります。すると肝臓内の血流が悪くなって酸素や栄養分が不足し、肝臓が固くなって肝硬変へと悪化してしまいます。
肝臓は一度繊維化するとコンクリートのように固くなってしまいますが、症状が軽度の場合は原因を除去することで新しい細胞が再生するようになります。
肝細胞再生のためには、アルコールや薬の飲みすぎなどを控え、肝細胞にダメージを与える活性酸素を減らし、さらにタンパク合成促進のために亜鉛などのミネラルやビタミン、アミノ酸などを積極的にバランスよく摂取する必要があります。

亜鉛・セレンが肝繊維の増加を防ぐ

活性酸素は、SODやGSH-Pxという酵素によって消去されていますが、体内でこれらの酵素が働くためには、亜鉛・セレンが必要不可欠。亜鉛やセレンには酵素を動かすエンジンのような役割があるからです。
そのため、もし肝臓内で亜鉛やセレンが不足すると、SODやGSH-Pxの働きが低下して活性酸素が増えてしまいます。ですから日頃から亜鉛やセレンを摂取してSODやGSH-Pxの働きを高め、肝臓内の活性酸素を消去して肝繊維が作られないようにすることが大切です。

カキ肉抽出エキスが活性酸素から肝臓を守る

体中に活性酸素がたくさん存在するマウスに、亜鉛やセレンを多く含むカキ肉抽出エキスを与えたところ、肝臓内の活性酸素を消去する酵素であるSODやGSH-Pxが増加して活性酸素の数は減少しました。肝臓内の活性酸素を減らすことは、肝繊維化を防ぎ、肝臓の働きを支え、守るためにとても重要なのです。

肝繊維を作ってしまう物質TGF-βを劇的に減らす

アルコールの摂りすぎ、過労や精神的ストレスなどが続くと、体内で活性酸素が過剰に発生し、肝細胞は肝繊維を作ってしまう物質TGF-βを産生してしまいます。
(株)渡辺オイスター研究所がカキから発見した活性酸素を消去する物質CG7は、肝臓内にある活性酸素を減少させることがわかっています。さらにこのCG7を培養されたヒトの肝細胞に投与すると、肝繊維を増加させるTGF-βが60%も減り、肝繊維を分解する酵素MMP-1が2.6倍も上昇しました。つまり、CG7は肝繊維を増加させる物質を減らす作用、肝繊維を分解する酵素を増やす作用、2つの働きで肝繊維化を防ぐのです。