かぜとインフルエンザ-上手な対処のしかた-

かぜの原因となるウイルスは、200種類以上あるといわれます。鼻をぐずつかせるもの、のどをはれさせるものなどさまざまですが、とりわけ怖いのは、高い熱と重い全身症状を引き起こすインフルエンザウイルス。このため、医学的には、インフルエンザを「流行性感冒」と呼び、ほかのかぜ(普通感冒)とは区別して扱っています。
このページでは、インフルエンザと普通のかぜ、それぞれの特徴と対処のしかたを分かりやすく解説します。いざというとき困らないための基礎知識を身につけてください。

どうやってうつるの?

ウイルスなど病原体の感染により気道(鼻やのど、気管支など)の粘膜が急性の炎症を起こし、鼻水やのどの痛み、せきなど、さまざまな症状が現れることを総称して医学的には「かぜ症候群」といいます。このうち代表的なのが、一般にかぜと呼ばれる「普通感冒」とインフルエンザを意味する「流行性感冒」。これらの病原体のほとんどは、直径1万分の1mm前後という、とても小さなウイルスです。さて、いったいどんなウイルスが、どんな経路で感染するのでしょう。

かぜ

鼻かぜを起こすライノウイルスや、のどをはらすアデノウイルスが病原体の代表格。かぜをひいている人の鼻水や唾液を介してウイルスを取り込むことで感染します。くしゃみやせきを直接浴びるだけでなく、たとえば、あるお店でかぜをひいている人が鼻をこすった手でお金を払う→そのお金を店員が受け取る→店員がお金に触れた手で鼻をこする、といった具合に、間接的にでもウイルスが含まれている鼻水や唾液を鼻や口の粘膜に接触させると感染するのです。

インフルエンザ

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスを病原体とする「かぜ症候群」のこと。インフルエンザウイルスはその性質によりA型、B型、C型の3タイプに分けられますが、大規模な流行を起こすのは、感染力の強いA型とB型です。インフルエンザウイルスは普通のかぜウイルスと違い、空気中にただよって長時間生存することができるので、ウイルスがいる空気を吸い込むだけでも感染してしまいます。

インフルエンザが冬に流行る理由

寒さと乾燥に強く、暑さと湿気に弱いインフルエンザウイルスにとって、冬は最も活発になれる季節。インフルエンザが冬に流行るのは、そのためです。ただ、突然変異して大流行を起こす新型ウイルスは、高温多湿の環境でも強い感染力を持つことがあります。1918年から1919年にかけ、世界で2000万~4000万人の死者を出した史上最大のインフルエンザ「スペインかぜ」で、最も被害が大きかったのは、熱帯気候のインドだったといわれています。

症状はどう違うの?

似ているようで似ていない、かぜとインフルエンザ。症状にはどんな違いがあるのでしょう。

かぜ

くしゃみ、鼻水、鼻づまり、せき、のどの痛みなどの局所症状。症状は比較的軽く、普通は3日以内、長くても1週間程度で治ります。熱はないか、出ても37~38度くらいです。

インフルエンザ

発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、倦怠感などの全身症状がいきなり現れるのが特徴で、多くの場合、激しいせきをともないます。鼻水は後から続きます。症状は重く、感染から1~2日の潜伏期間をおいて、3日目頃から急激に悪化、熱は40度前後に及ぶこともまれではありません。流行中に40度近い高熱が出たら、まずインフルエンザとみて間違いないでしょう。

かぜとインフルエンザの症状の違い
  かぜ インフルエンザ
症状の現れ方 局所(のど・鼻) 全身
進行 ゆるやか 急激
発熱 ないか、37~38度くらい 40度前後
鼻水 ひきはじめに出る 後から続く
せき 軽い 強い
頭痛・関節痛・筋肉痛 軽い 強い
寒気 軽い 強い

発熱は、体がウイルスと闘っている証拠

人の体には、外敵から身を守る「免疫機構」が備わっています。体温が上がると、免疫が強さを増すとともに、病原体が増えにくくなるので、ウイルスが侵入してくると、脳が熱を出すよう命令するのです。せきや鼻水も、外敵やその残骸を排除しようとするはたらきです。このように、つらい症状は、実は体が懸命に闘っている証拠なのです。ただ、過度の発熱(39度以上)が長く続くと、酵素などのはたらきが損なわれるため、体にとっては害となります。

どう対処すればよい?

かぜとインフルエンザとでは、原因となるウイルスや主な感染経路、症状が異なるため、対処のしかたもおのずと違ってきます。代々家庭に伝わる予防法や治し方も、案外、ただの思い込みだったりして…?

かぜ

予防法

かぜは、せきやくしゃみを浴びるだけでなく、かかった人の鼻水や唾液がついた手で自分の鼻や口の粘膜に触れるとうつるため、ていねいなうがいや、石鹸を使っての手洗いが効果的です。特にうがいは、ウイルスに荒らされた粘膜にさらに細菌がとりつく「2次感染」を防ぐため、重症化予防としての意味もあります。また、鼻や口を覆って接触を避けるという意味で、マスクには感染を予防する一定の効果が期待できます。

治し方

安静にし、体力を温存すること。からだがきつくなければ、無理に布団の中で横になる必要はありません。部屋は温度を20~25度くらいにし、加湿器などで保湿するとよいでしょう。十分な水分とたんぱく質やビタミンC、ビタミンB群の豊富な食事をしっかりとるのも大切です。せきやくしゃみなどがひどければ、市販薬で症状を軽くすることで、体力の消耗を抑え、結果的に免疫のはたらきを助けることにもなります。

インフルエンザ

予防法

インフルエンザはウイルスがいる空気を吸い込むだけでもうつるため、効果は限定されますが、帰宅後すぐの手洗いは大切です。もちろん、うがいも欠かせません。また、マスクは、ウイルスがマスクの織り目を楽に通過してしまうので、大きな効果は期待できませんが、かかった人がほかの人にうつすことはある程度避けられますし、冷たく乾燥した空気から、のどや鼻の粘膜を守るのには役立ちます。

治し方

かかったと思ったら、すぐに医師の診察を受けてください。今は医師が処方する薬にはウイルスに直接効くものがあります。インフルエンザの症状は市販薬には手に負えないうえ、悪化すると肺炎になる恐れがあります。医師が処方する薬を早期に飲み始めれば、症状が出ている期間を短くし、重症化を防ぐことができます。

かしこく薬を利用する-かぜ-

かぜでもインフルエンザでも、最後にものをいうのは体に備わった自然治癒力。とはいえ、薬に手助けできることもたくさんあります。無理をするより、かしこく、正しく、薬を用いる方法を知っておきましょう。

市販の薬

総合感冒薬

発熱、頭痛、のどの痛み、鼻水、鼻づまり、せきなど、かぜのいろいろな症状をやわらげる効果があります。

解熱鎮痛薬

熱を下げ、頭やのどの痛みをやわらげる効果があります。

口腔咽喉(こうくういんこう)薬

のどの痛みやはれをやわらげる効果があります。

鎮咳去痰(ちんがいきょたん)薬

せきを抑えたり、たんがつまるのをやわらげる効果があります。

鼻炎用薬

くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどをやわらげる効果があります。

うがい薬

口の中を殺菌・消毒する効果があります。

薬の正しい用い方

市販の薬は熱や鼻水、せきなどの苦しい症状をやわらげるための「対症療法」で、ウイルスの侵攻をくい止めるものではありません。そのことを踏まえたうえで、補助的な手段として用いましょう。服用期間の目安は3日間。それでも症状が軽くならないなら、他の病気の恐れもあるので、医師の診察を受けてください。

子供に薬を与えるときは、気をつけて!

大人用に医師から処方された薬があるからといって、決してそれを子供に与えたりしないでください。薬は製品によって服用してよい年齢が異なります。例えばジクロフェナクナトリウム(処方せん薬)やアスピリン(処方せん薬・市販薬)を、インフルエンザや水疱瘡にかかっている子供が飲むと、重い脳炎・脳症を引き起こす恐れがあります。市販薬でも子供には必ず子供用の用法のある薬を用いましょう。その際、注意書きをよく読んで年齢と用法・用量を確認するようにしてください。

かしこく薬を利用する-インフルエンザ-

インフルエンザの治療薬

インフルエンザの薬は、医師の診断が必要な処方せん薬です。最近では、症状を緩和させるだけでなく、ウイルスの侵攻そのものをくい止める新しいタイプの薬が主流になってきています。ただ、それらの薬が効果を発揮できるのは、症状が現れてから2日以内。インフルエンザにかかったと思ったら、すぐに医師の診察を受けましょう。

インフルエンザの予防薬

年齢によって効果は異なりますが、ワクチンは、インフルエンザの予防にたいへん有効な手段です。副作用もほとんどありません。

ワクチンの効きめ

小中学生から大人までの年代なら、7~9割の確率でインフルエンザの発症が抑えられます。乳幼児と高齢者はこの確率が5割以下と低くなりますが、特に高齢者の場合、重症化や老人施設などでの集団感染を防ぐなどして、インフルエンザによる死亡の8割を阻止する効果があるといわれており、予防接種の有用性に対する評価が高まっています。

日常生活でこころがけること

同じとき、同じ場所にいたのに、なんであの人は平気なの…?そんな思いをしたことはありませんか?病原体を取り込んで症状が出てしまう人もいれば、何事もなかったかのようにはね返してしまう人もいます。かぜ、インフルエンザにかからない体を作るには、十分な睡眠をとる、バランスの良い食事をしてビタミン補給をする、体調を整える適度な運動をする、極端な厚着・薄着をしない、タバコの吸いすぎに気をつける、帰宅後はうがいをていねいに行う、石鹸でこまめに手を洗う、かぜやインフルエンザの流行中はなるべく人ごみを避けるなど、健康を保つための心がけが大切なのです。

かぜ、インフルエンザにかかりやすい人

かぜやインフルエンザにかかりやすい人と、かかりにくい人とを分けるカギは免疫力です。肺や心臓に病気がある人や、糖尿病、腎不全などの慢性代謝性疾患をわずらっている人、強い精神的ストレスを抱えている人、それに乳幼児や高齢者は免疫が弱いため、かぜやインフルエンザにかかりやすいといえます。

知って役立つQ&A

Q.かぜのとき、お風呂に入っても大丈夫?

A.普通のかぜなら、5分間ほど湯ぶねで温まり、湯冷めしないよう、さっと上がって着替えれば、むしろ良い効果があるといえます。髪などを洗うのは、体が冷えてしまうので症状が軽快するまでは控えましょう。なお、インフルエンザで高熱が出ているときは、入浴は避けてください。

Q.ビタミンCはかぜに効く?

A.ビタミンCは免疫力を高めるはたらきがあるため、かぜやインフルエンザの予防と治療に有効という説があります。また、かぜのときはエネルギーを消耗するので、ビタミンCが不足しがちになります。かぜのときは、すすんでビタミンCをとるようにしましょう。

Q.「かぜは万病のもと」って、どういうこと?

A.かぜやインフルエンザにかかると、体の抵抗力が弱まります。そのため、他の病原体、特に肺炎など呼吸器の病気のもととなる細菌の侵入を受けやすくなったりして、さまざまな病気を併発する恐れが出てくる、ということです。

Q.湿気に弱いウイルスが、なぜ人の体の中に?

A.インフルエンザやかぜのウイルスの多くは、低温で乾燥した環境を好みます。ただ、自力で増殖することができないめ、子孫を残すには人や動物の細胞を乗っ取り、その細胞が持っている機能を利用するしかありません。温かく湿った体の中にウイルスが活動の場を求めるのは、そんな「事情」からなのです。

Q.子供がよくかぜをひくのはなぜ?

A.一度かぜをひくと、その原因のウイルスに対する免疫がつきます。成長してかぜの経験を積んでいけば、免疫の「コレクション」も豊富になります。子供がよくかぜをひき、大人になるとあまりひかなくなるのは、主にそんな「経験の差」があるからなのです。ただ、インフルエンザウイルスは毎年少しずつ変異を重ねるので、一度かかってついた免疫も、すぐに「流行遅れ」になり、有効性がなくなってしまいます。