よくわかる-体の基礎づくり-

住宅を建てる場合、その地盤や基礎が丈夫でないと、せっかく建てた家も柱が傾いたり壁がはがれたりして欠陥住宅となってしまいます。
住宅と同様に、人間も基礎がしっかりしていない状態では、体にさまざまな歪みができ、大きな病気につながってしまいます。人も家も基礎が大切。体の基礎作りをしっかりと行えば、病気に負けない丈夫な力(自然治癒力)をつけることができるのです。

栄養+体温+酸素

私たち人間の体はとても小さな細胞の集合体で、およそ60兆個の細胞が肝臓や脳などの臓器、骨や筋肉などを形成しています。よく「体の基礎作り」という言葉を耳にしますが、基礎作りとは、60兆個のそれぞれの細胞が元気に活動し、さまざまな臓器が正常に働くようにすることを意味します。
ところが、体内に何らかの不調が起こって細胞の活力が低下すると、免疫力の低下や疲れなどの症状が出てきてしまいます。そこで、低下した細胞の活力を補うために必要になるのが「栄養」「体温」「酸素」の3つの要素なのです。

栄養で基礎作り

細胞を元気にするためには、まずバランスの良い栄養を摂ることが第一です。そして、その栄養を十分に吸収し、体に必要な栄養を細胞に届けるには、口の中での咀嚼(そしゃく)、胃腸での消化、肝臓での栄養素加工がそろって健全に働くことが必要です。

口(咀嚼:かむ力)

食べ物を消化しやすいように口で咀嚼します。咀嚼がしっかりしいない方ほど栄養状態が悪く、胃腸に負担がかかります。また、咀嚼能力は歯の本数と密接に関係しており、10本以上歯が抜けてしまうと咀嚼機能が激減するだけでなく、アミノ酸やカルシウムなどの栄養素の吸収が低下してしまいます。

胃腸(消化)

食べ物を吸収しやすい形に変えるのが胃腸(消化)の働きです。加齢やストレス、暴飲暴食により胃腸機能が低下すると、栄養素は十分に消化されないため、吸収も悪くなります。そのため、食べているにも関わらず大切な栄養が吸収されず、疲れなどの回復が遅いと感じるようになります。

肝臓(栄養素の加工)

吸収された栄養分は一度肝臓に集まって使いやすい形に加工され、血液を通じて全身の各細胞へと運ばれますが、老化や疲れ、治療薬の常用などで肝臓の働きが低下すると、せっかく吸収した栄養素が加工できなくなってしまいます。したがって、肝臓の働きを高めることが、栄養を全身に届ける大切なポイントになるのです。肝臓については、ぜひ「コンクレバン」のページもご覧ください。

体温で基礎作り

人間にとって理想的な体温は36.5度前後といわれています。この36.5度前後という温度は、内臓の機能が正常に働き、免疫細胞やさまざまな酵素、ホルモンなどが効率よく働くのに適した温度なのです。
体温が下がると、心臓や肝臓などの臓器の働きが低下し、体調を崩しやすくなり、大病を引き起こす原因となります。さらに、免疫力が低下し、かぜをひきやすく治りにくいといった症状もあらわれます。

低体温の子どもが増加

ある調査によると、低体温児の割合は男子で10人に1人、女子で7人に1人だったそうです。このように、近年、体温が35度台という人が若い世代を中心に増加しています。また、午前中にボーっとしている、元気がない、気持ちが悪くて学校を休みがち、といった子どもも増加しています。

体温を作る組織

体の中で最も体温を作っている組織は筋肉です。運動すると体がポカポカしてくることからも分かるように、筋肉によって多くの体温が作られています。したがって、体温が低めの方は普段より運動することで、理想的な36.5度前後に体温を保つことができます。
しかし、家事や仕事などで忙しく、なかなか運動できない方も多いと思います。そのような方におすすめなのが、肝臓を元気にすること。肝臓は、安静時には筋肉と同じくらいの体温を作っている臓器です。日頃から肝臓に良いものを摂り、肝臓が元気になれば、体温を正常にしていくことができるのです。肝臓については、ぜひ「コンクレバン」のページもご覧ください。

酸素で基礎作り

血液中の赤血球には、全身の細胞に酸素を届ける働きがあります。
各組織の細胞は生命活動を維持するために栄養分をエネルギーに変えていきますが、このエネルギーを生み出すためにも、酸素が必要になります。
そして心身のリラックスにも酸素が有効です。酸素はリフレッシュ感と爽快感を与え、癒しの力も持っています。しかし、逆に貧血などで酸素不足になると、各臓器、組織に悪影響を与えてしまいます。

肝臓

肝臓はエネルギーの消費量がとても多い臓器で、そのために多くの酸素が必要になります。そして肝臓の元気がなくなると体の隅々まで栄養素や体温が行き渡らなくなります。肝臓については、ぜひ「コンクレバン」のページもご覧ください。

心臓

心臓への酸素が不足すると、心臓病を招き、突然死の原因にもなります。

脳が酸欠状態になると集中力がなくなったり、眠気を催すこともあります。

筋肉

筋肉が酸欠状態になると手足のこむら返りが起こりやすくなります。

基礎作りがしっかりしていないと…

朝起きられない、疲労の回復が遅れる

疲労の原因はさまざまです。食事をしないで運動すれば早く疲労するように、細胞に栄養が足りなければ体全体の元気もなくなってしまいます。朝起きられない、疲労の回復が遅れるという方は、まずは栄養をしっかり摂って細胞にエネルギーを送り込むことが大切です。
また疲労は「乳酸」などの老廃物が体内に蓄積することで感じるようになります。体内の老廃物は肝臓で約8割が処理されますので、肝臓の働きが悪いと老廃物の処理も進まず、なかなか疲労が回復しないのです。

かぜをひきやすい、治りにくい

かぜをひいた時に熱が出るのは、体内に侵入したウイルスと自分の免疫細胞が戦っている証拠です。人間には体温を上げることで免疫活動を活発にし、ウイルスの繁殖を抑えて撃退する自然治癒力が備わっていますが、体温が38度台の時に最もその防衛反応が強くなるといわれています。ですから、かぜをひいてもなかなか体温が上がらず症状が長引く場合は、自然治癒力が低下している可能性があります。
一方、微熱(一般的には38度未満)が出たからといって、むやみに薬で熱を下げてしまうことは、本来自らが持っている自然治癒力を低下させてしまう可能性がありますので、慎重に考える必要があります。

手足がいつも冷たい、冷房が苦手

手足がいつも冷たい、冷房が苦手といった冷え症にお悩みの方はとても多いと思います。
冷えるということは、血液の巡りが滞っているということです。血管を巡る血液には、体温、酸素、栄養分を全身に運ぶ役割があります。しかし血流が悪いと手足にある末端の血管まで温かい血液が行き届かず、冷えやしびれ、またこれらに伴う肩こりや頭痛といった症状があらわれるのです。
冷えを解消するために大切なのは、温かい血液を作ること。肝臓は血液を温める大切な役割も担っていますので、体温が低い、薄着ができないなどの冷え症の方は、肝臓の働きが低下して血液が温まっていない可能性も考えられます。したがってこのような冷え症には、肝臓の働きをアップさせ、温かい血液を作ることが有効です。肝臓については、ぜひ「コンクレバン」のページもご覧ください。

めまい、立ちくらみ、集中力の低下

貧血の多くは特定の栄養素が不足していることで起こります。特に体に必要な鉄分の摂取が足りないと、赤血球の中で酸素を運ぶヘモグロビンの数が減り、全身に酸素が届かなくなるため、フラフラしたりボーっとしたり、顔色が青くなったりします。また階段を上っただけで心臓がドキドキしたり、息切れを起こしたりもします。

あなたの基礎は大丈夫?

朝起きるのがつらい
朝食をおいしく食べられない
午前中ボーっとしている
すぐ座りたがる
フラフラすることがある
疲れがとれない
手足がよく冷える
肩こりがある
夕方足がむくむ
平熱が36度以下である
お腹をよくこわす
夜なかなか眠れない
よくかぜをひく
お酒を飲むと悪酔いする
急激な体重の増減がある

以上のような症状が気になる方は体の基礎が揺らいでいる可能性がありますので、まずは栄養、体温、酸素の3点セットで基礎をしっかり立て直す必要があります。