夏に多いトラブル-熱中症、日焼け、虫刺され-

熱中症、日焼け、虫刺されは夏の外出時に多いトラブルですが、事前の準備をすることで十分予防は可能。しっかりと対策して楽しい夏にしましょう。

子供やお年寄りは特に注意が必要「熱中症」

熱中症の原因と症状

熱中症は、温度と湿度が高い時にたくさん汗をかくことで体の中の水分バランスが崩れ、体温の調節が上手くいかなくなるという状態。6月の終わり頃から増加し始め、真夏にピークを迎えます。
体に起こる異変として、めまいや立ちくらみ、筋肉のこむら返り、頭痛や吐き気といった症状がみられますが、重症化すると体温が40度を超え、けいれんを起こしたり、意識を失ったり、最悪の場合は死に至ることもあります。
特に体温の調節能力が十分ではない子供やお年寄りは暑いことに鈍感で、症状の発見が遅れがちになりますので、周りにいる人がしっかり様子を見るようにしましょう。

熱中症の対策と処置

熱中症になってしまった場合は、日の当たらない涼しいところ、冷房のある場所などに移動しましょう。炎天下の屋外では日傘、タオル、新聞紙などを利用して直射日光が当たらない状態を作り、横になって体を冷やしつつ休憩します。
ネクタイやズボンのゴム、ベルトなど衣服をゆるめて楽にし、体から熱を逃がすようにしましょう。氷や保冷剤などがあれば、首やわきの下、太ももの付け根を冷やすのが効果的です(濡らしたタオルでも可)。
体が楽になってきたら少しずつ水分補給。汗で失われた塩分を補給するためには、水ではなく、スポーツ飲料が適しています。冷えているものを飲めば、上がり過ぎた体温を下げることができるでしょう。
なお、意識がはっきりしなかったり、自分で水分を摂取できないほど体調が悪い場合は、救急車を呼ぶようにしましょう。

熱中症の予防

夏は自分が感じている以上に汗をかいています。大量の発汗は脱水症状にもつながりやすいので、運動する時以外でも、こまめに水分を摂るようにしましょう。スポーツ飲料は、熱中症になった時だけでなく、予防のための水分補給にも役立ちますが、緑茶やコーヒーは利尿作用があるため、水分補給には不向きですので注意しましょう。
お年寄りの場合、のどが渇いたと感じ始めた時には既に脱水症状を起こしていることもあるため、のどが渇いていないと思っても、こまめに水分を補給することが大切です。子供は汗をかきやすい反面、一度に大量の水分を摂ることができませんので、少しずつ定期的に水分を補給してあげましょう。
熱中症を予防するためには、一日のうち最も気温が上がる正午から午後3時頃の外出は可能な限り避けたいところですが、やむを得ず出かける必要がある時は、帽子や日傘を利用しましょう。
暑い季節は食欲が落ち、さっぱりしたものや冷たいものに食事が偏ることが多くなりますが、これも熱中症になりやすい原因のひとつ。栄養バランスに注意した食事を心がけ、暑い夏に負けない体づくりをしましょう。

肌だけでなく目にも悪影響「紫外線」

紫外線ダメージの症状と原因

太陽光に含まれている紫外線は、光の波長の違いで分類されます。私たちが浴びる紫外線の90%以上は「UV-A(紫外線A波)」といわれ、ガラスを透過するため、室内にいても窓際であればダメージを受けることになります。そして「UV-B(紫外線B波)」といわれる紫外線は、量的には少ないのですが、「UV-A」よりも肌に対するダメージが強いため、注意が必要です。
紫外線はシミ、そばかす、しわといった肌トラブルの原因になるだけではなく、皮膚ガンにつながることもあるほど肌への影響は大きいのですが、実は目にも悪影響を与えており、失明につながることもある白内障を発症する場合もあります。そして紫外線によるダメージは免疫力も低下させるため、感染症にかかりやすくなるといった弊害もあります。

紫外線ダメージの対策と処置

紫外線で皮膚が赤くなるのは炎症を起こしているからです。ほてりをしずめるために、患部を冷やしましょう。ビタミンCは肌の弾力に影響しているコラーゲンの生成に関与していますし、ビタミンEは炎症を抑える働きがありますので、ビタミンCやEが含まれている食材を積極的に摂取したり、ビタミンCやEを含有するクリームを塗るのもいいでしょう。なお、日焼けによって水疱ができたり、頭痛や発熱がみられる場合は、医療機関を受診するべきです。

ビタミンCを含む食材の例

緑黄色野菜、みかん、いちご

ビタミンEを含む食材の例

ごま、ピーナッツ、大豆、玄米

紫外線の予防

日傘や帽子などで紫外線対策をする場合、薄い色のものは防御効果が低いため、濃い色の物を選ぶようにしましょう。
夏場は曇っていても紫外線の影響があります。日差しが弱い日でも日焼け止めを使用しましょう。塗り残しがないよう、ムラなく塗り広げてください。
日焼け止めにはランクがあります。SPFやPAの数値が高いほど防御力が高くなる半面、肌に受ける負担が多くなる傾向があるため、機能性だけではなく、肌質も考慮して選んでください。大人用の日焼け止めを子供に使うと、毛穴をふさいでニキビにつながることもあるので、子供には子供用の日焼け止めを使うべきでしょう。

痛み、かゆみ、腫れを伴う「虫刺され」

虫刺されの症状と原因

虫に刺されると、虫の唾液などに含まれるヒスタミンやセロトニンといった物質が体内に入り、炎症を引き起こして、かゆみや痛み、腫れといったアレルギー症状があらわれます。
原因物質に対する反応は蚊、ハチ、アブなど虫の種類によって、さまざま。また、体にあらわれる症状にも個人差があります。

虫刺されの対策と処置

虫に刺されてしまったときは、患部を清潔にするため、腫れの原因になる雑菌を水で洗いましょう。さらに、刺された部分を冷やすことで炎症が治まり、かゆみが緩和します。早めに抗ヒスタミン薬などのかゆみ止めを使うのも良いでしょう。
ただし、ハチに刺された場合は激しい痛みや腫れと同時に呼吸困難や血圧低下などのショック症状が起き、時には命に関わるケースもありますので、医療機関を受診しましょう。

虫刺されの予防

虫刺され防止のための最も効果的な方法は、できる限り肌の露出を少なくすることです。ですから、やむを得ず肌が出てしまうところは虫よけスプレーを使用しましょう。ただし、日焼け止めにもいえることですが、汗で効き目成分が流れることもあるので、長時間外出する場合は定期的に使用したほうがいいでしょう。
最も刺される機会が多いと思われる「蚊」は二酸化炭素に寄ってくる性質があるため、高体温の人、アルコールを摂取した人、汗をかきやすい人などは刺されやすいようです。また、子供は大人よりも体温が高くて汗をかきやすいため、しっかり虫よけ対策をしてあげてください。