健康な体は健康な歯から-歯周病-

ほとんど自覚症状がないため、抜歯が必要になるまで気づかないこともある「歯周病」。
歯周病は歯だけではなく全身にも影響し、糖尿病などとの関連も指摘されている怖い病気です。

歯周病簡易チェック

こんな症状はありませんか?

歯ぐきに赤く腫れているところがある
口臭が気になることがある
歯ぐきがしぼんだような気がする
歯と歯の間によく食べ物がはさまる
歯磨き後に歯ぐきから血が出ることがある
起床後に口の中がネバネバする
歯と歯の間の歯ぐきで丸くなっているところがある
歯が浮くように感じる時がある
少しグラグラする歯がある
歯ぐきから膿が出る

この中で1つでも当てはまる症状があれば歯周病の恐れがあります。早めに歯科医院を受診しましょう。

全身に影響を及ぼす歯周病

噛む力が弱くなって好きなものを美味しく食べられなくなる、口臭で周囲の人を不快にさせてしまう、歯が抜けて笑顔に自信がなくなるといったトラブルにつながる歯周病。その原因は、歯と歯ぐきの間にある、歯周ポケットと呼ばれる溝に歯垢がたまることによって繁殖する歯周病菌です。この歯周病菌が歯ぐきに炎症を起こしたり、歯を支持している歯槽骨(しそうこつ)という骨を溶かしたりと、様々な症状を引き起こします。
さらに歯周病は全身疾患にも関連があるといわれています。たとえば糖尿病。糖尿病の合併症といえば網膜症、腎症、神経障害ですが、そのひとつに最近、歯周病も挙げられるようになっています。糖尿病になると細菌に対抗する体の抵抗力が弱くなり、また唾液の量も減るため、口の中で細菌が増殖しやすく、歯周病が悪化しやすいためです。
歯の表面に粘り気のある白いものが付いていれば、歯垢があるということです。そのまま歯のケアをサボった状態が続けば、口の中の歯周病菌はやがて全身症状につながっていきます。

歯周病に注意が必要な方

抵抗力が弱まってくる中高年だけではなく、近年は子供にも増えてきている歯周病。すみずみまでしっかり歯を磨かないと、歯周病になる危険性が高くなるのは当然のことですが、歯周病菌を防ぐ働きがある唾液が不足するのも問題です。あなたは大丈夫でしょうか。

虫歯がある人

虫歯の原因となる菌と歯周病菌は異なる種類のものですが、どちらも歯の汚れが原因で発生します。こまめに歯磨きをして口の中を清潔に保ち、歯周病を予防しましょう。

女性(歯周病は女性ホルモンとも関係しています)

思春期

女性ホルモンの量が増加して歯肉炎になりやすい時期です。炎症を起こしている部分から出血して歯肉が増殖することもあります。

月経中

ホルモン量の増減によって歯ぐきが腫れたり、口内炎ができやすくなったりします。また、唾液量が減ることから、歯周病になりやすい時期といえます。

妊娠中

つわりの心配から奥歯まで歯磨きができないことも。また、歯周病の炎症部分から出る物質が胎盤に影響して早産や未熟児につながるという報告があるため注意が必要です。

更年期

閉経後は唾液の分泌が減って、歯周病につながりやすくなります。そして骨粗しょう症によって歯槽骨が衰えることで、歯周病につながるという報告もあります。

かたいものを食べる機会の少ない子供

食の欧米化に伴って、かたいものを噛むという機会が少なくなっている子供は注意が必要。抗菌作用・殺菌作用のある唾液は、口の中を歯周病菌から守ってくれていますが、噛むことが少なければ唾液も減少し、歯周病にかかる危険性が高くなります。

生活習慣が乱れている人

歯磨き

食後に歯を磨くのが歯垢を取り除く基本中の基本。面倒でもしっかり行いましょう。特に寝る前の歯磨きは丁寧に。

栄養バランス

偏食は良くありません。かたい食べ物や食物繊維、ビタミンCなどが歯周病に効果的だといわれています。

喫煙

ニコチンは血流を悪化させ、タールは歯に付着して歯垢がつきやすくなる原因に。歯周病を防ぐ為にはぜひ禁煙したいものです。

ストレス

過剰なストレスによって唾液が減ることで、免疫力が低下して歯周病の危険性が高まります。自分なりのストレス発散法を見つけましょう。

症状が軽いうちに治療を

これといった自覚症状がないため、気付いた時には症状が進行してしまっている歯周病ですが、大まかに分類すると4段階で進行していきます。
1期の歯肉炎は、症状が歯ぐきまででとどまっている段階。組織のダメージがなく、治癒する可能性が高いため、この段階で受診するのが理想的です。
2期の軽度歯周炎になると、出血がみられるようになり、歯ぐきの下の歯槽骨が溶け始めます。
3期の中等度歯周炎に進行すると歯垢がたまる歯周ポケットが4mm以上になり、血や膿が出て口臭がひどくなってきますので、場合によっては外科手術が必要なこともあります。
4期の重度歯周炎は歯周ポケットが7mm以上に広がり、歯槽骨がほとんどなくなってしまいます。食べ物を噛むと痛みがあり、歯がぐらついてきて、抜けてしまうことあります。

歯周病の検査

毎日の丁寧な歯磨きで歯垢がたまらないように心がけることが大切ですが、既に何らかの症状がみられる場合には歯科医院を受診しましょう。
歯科医院では出血の程度や歯周ポケットの大きさ、歯垢の量や歯のぐらつき度合を確認するとともに、喫煙の有無や食生活、生活習慣などの情報をもとに、歯周病であるかを診断します。これらの検査で最終的に歯周病になった原因を探り、症状の程度に合わせた治療方法を決定します。

歯のクリーニングで治療・予防

歯磨きなどで歯垢が取りきれずに口中に残ってしまうと、歯垢が石灰化して歯石になってしまいます。歯石は歯磨きでは取れませんので、歯科医院での除去が必要になります。
最近の歯科医院ではPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)という機械で歯のクリーニングを行うところもあります。歯磨きでは取り除けない歯の汚れを落とすだけでなく、歯垢が付着しにくい歯にするという予防効果もあります。
水回りのパイプの内側にできる、ぬるぬるした細菌の薄い膜をバイオフィルムといいますが、歯磨きを怠っていると、歯の表面にこのバイオフィルムができます。歯にできたバイオフィルムは歯垢や歯石がたまりやすいため、PMTCなどで定期的に汚れを落とし、きれいな歯を維持したいものです。また、歯科医院では歯を強くするためのフッ素塗布を行うこともできます。

歯周病予防で大切なのは歯磨きと定期的な受診

歯周病予防の基本は磨き残しをしないこと。高価な電動歯ブラシでも、丁寧に磨かないと意味がありません。1本ずつ丁寧に、15分程度かけてゆっくり磨きましょう。いろいろな歯ブラシを試してみて、自分に合ったものを選ぶことも大切です。また、ブラシの毛先が広がってきたら新しいものに買い替えてください。正しい磨き方は歯科医院でも教えてくれますので、聞いてみるといいでしょう。
良くない歯は早めの治療が必要です。そして治療した歯が再び悪くならないよう、痛みや気になる症状が特になくても、定期的に歯科医院を受診しましょう。定期的な受診によって自分では取り除けない歯垢や歯石の除去もできます。

歯の老化を防ぐ

丁寧なケアを続けて歯と歯ぐきをきれいに保つことで、歯周病は予防できます。虫歯を見つけたり、歯の痛みを感じてから歯科医院に行くのではなく、自分の力だけでは取りきれない汚れを落としてもらうために、定期的な受診をし、歯を元気にして老化を防ぎましょう。