大人にも必要-予防接種-

私たちの体には、ウイルスや細菌などの異物が侵入したときに排除する機能が備わっています。この機能は免疫と呼ばれ、異物を排除する力を免疫力といいます。
そして過去に感染したことのある病原菌が再び体内に入ってきたときには、免疫の機能によって、初めてのときよりも早く排除できるようになります。予防接種はこの免疫の仕組みを利用し、ワクチンを使って病気自体を発症させないで疑似体験させ、実際の病気に備えるために行います。

ワクチンとは

ワクチンはウイルスや細菌などで引き起こされる感染症を予防するためのお薬です。ワクチンのもとになっているのはウイルスや細菌ですが、体内に入っても発病しないように工夫されており、作られ方によって2つの種類に分けられます。

生ワクチン

ウイルスや細菌の毒性、病気になる性質を弱めて作ったワクチンです。ウイルスや細菌が体内で増殖するため、接種後に発熱・発疹など、その病気の症状が軽く出る場合もあります。自然感染と同じ過程で免疫ができるので、比較的強い免疫をつけることができます。

不活化ワクチン

ホルマリンや紫外線などで病原体やその成分の感染力や毒性をなくしてつくったワクチンです。生ワクチンのように体内で増殖せず、1回の接種では必要な免疫をつけられないため、複数回の接種が必要になります。

ワクチンの作用

ウイルスや細菌の毒性・感染力を弱めた生ワクチン、もしくは感染力をなくした不活化ワクチンを接種すると、私たちの体内ではウイルスや細菌に対抗するための抗体やリンパ球が作られ、異物を敵として記憶します。
そして接種したワクチンと同じウイルスや細菌が実際に体内に侵入した際に、抗体やリンパ球が反応して敵を攻撃し、速やかに退治できれば感染症は発症しません。すぐに退治できない場合でもウイルスや細菌の活発化を防ぐため、症状が重くなるのを回避できます。

なぜ予防接種が必要か

感染症は、ウイルスや細菌など病原体となるの異物が体内に侵入することで発生し、主に感染源を経つ消毒・殺菌、病原体を体内に入れないための手洗い、そして体内に侵入した病原菌に備えてワクチンで免疫力をつけて体を守る予防接種の3つの方法で防ぐことができます。
病原菌が体内に侵入しないためにはまず消毒や殺菌、手洗いが大切ですが、これらの対策を十分行っていても病原菌の体内への侵入は100%防げるものではありません。予防接種はこのようなときに備えるもので、感染症の発症を防ぐ、症状が重くなるのを防ぐという目的のほか、体力のない乳幼児や高齢者、そして妊婦の方などに感染するのを防ぐためにも行われます。
予防接種には定期接種と任意接種があり、定期接種は国の法律で接種がすすめられ、費用が助成されます。任意接種は接種するかしないかが個人の判断に任されているもので、費用は自己負担になります。ただし定期接種と任意接種は制度的に異なるだけで医学的なワクチンの効果は変わりません。

ワクチンによって持続時間が異なる

冒頭で述べたようにワクチンには感染力を弱めた生ワクチンと、病原体を死滅させた不活化ワクチンの2種類があり、効果が持続する時間が違います。
風疹ワクチンや麻疹(はしか)ワクチンなどの生ワクチンは、生きている病原菌を用いて実際に病気になった場合と同じ仕組みで免疫をつけるもので、効果が長く持続します。ただし、ワクチンの種類によっては1回の接種で抗体ができなかったり、抗体の効果が低下するものもあるため、複数回接種しなければならないものもあります。
インフルエンザワクチンや肺炎球菌ワクチンなどの不活化ワクチンは病原体を死滅させて使用することから、生ワクチンと比べると効果の持続時間が短くなりますので、効果が低下してきた頃に再度接種することが必要です。

大人に必要な予防接種

多くの種類がある感染症ですが、大人が感染すると悪化しやすく、時には命に関わるものもあります。糖尿病の方、ストレス過多や過労、慢性的な睡眠不足の方などは、免疫力が低下しがちで感染症が悪化しやすい傾向があります。また、加齢によって抵抗力が落ちて感染症が重症化しやすく回復も遅れる高齢者の方、胎児を異物として排除しないために免疫力が低下している妊婦の方などは進んで予防接種をするようにしましょう。特に妊婦の方はウイルスに感染すると胎児にも影響があり、妊娠経過に問題を生じることもあるため、注意が必要です。
ワクチンで予防できる感染症は、インフルエンザ、肺炎球菌による肺炎、風疹、麻疹(はしか)等があります。過去に接種したことがあるか不明なときは、母子手帳で子供の頃の記録を見たり、血液検査で抗体があるかないか調べることで確認することができます。
風疹や麻疹(はしか)のワクチンを接種したことがあるかわからないときは「接種経験がない」と考え、予防接種を受けましょう。既に免疫がある方が接種しても害がないため、感染を防ぐという点ではより安全です。

妊婦でも摂取できるワクチンは?

原則として病原体の感染力を弱めて作られた風疹や麻疹などの生ワクチンは接種できません。ワクチンに含まれる病原体が生きているため、胎児に影響が及ぶ心配があるからです。しかしこれまで実際に胎児に何らかの影響が出たという報告はありませんので、生ワクチンの接種後に妊娠していることがわかった場合などでも、あわてずに医師に相談しましょう。
一方、インフルエンザワクチンなどの病原体を死滅させた不活化ワクチンであれば、胎児に直接的な影響がないため接種することができます。2009年、世界的に新型インフルエンザが流行しましたが、妊婦の方がワクチンを接種したことによる胎児への悪影響は報告されていません。
妊娠中は胎児を異物とみなさないように免疫力が低下しているので、ウイルスや細菌に感染しやすい状態になっています。母子ともに健康で妊娠期間を過ごせるよう、インフルエンザなどの不活化ワクチンは接種するようにしましょう。

インフルエンザワクチンの接種タイミング

インフルエンザワクチンの効果が続くのはおよそ半年間です。そしてウイルスは変異を繰り返しながら年ごとに流行するため、その年のウイルスの型にあわせて毎年接種することが求められます。
個人差はありますが、接種後に体内で抗体ができるまでには、2~4週間ほどかかります。日本では毎年11月頃からインフルエンザが流行しはじめ、1~3月にピーク迎えるため、10月から11月に予防接種を受けておくのがよいでしょう。
特に免疫力が低下している高齢の方や妊婦の方、糖尿病や睡眠不足などの方はウイルスに感染しやすく重症化しやすいため、毎年忘れずに接種しましょう。また、これらの方々と同居している方も感染拡大を防ぐ上では接種が推奨されます。
インフルエンザワクチンは生後6ヶ月から接種できるようになりますので、希望する場合はかかりつけの医師に相談しましょう。13歳未満の場合は2~4週間あけて2回接種しますが、乳幼児は大人と比べてワクチンの予防効果が低くなりますので、家族に乳幼児がいる方も接種することをおすすめします。

肺炎球菌ワクチンの接種

肺炎球菌は鼻やのどの奥につきやすい細菌ですが、免疫力が十分強いときには感染症につながることはあまりありません。しかし、かぜやインフルエンザで体の抵抗力が低下している場合は、二次感染で肺炎にかかりやすくなります。
特に高齢者は加齢とともに抵抗力が弱くなっていますので、感染の危険性が高く、症状が短時間のうちに急激に悪化することもあります。また、糖尿病などで免疫力が低下している方も感染しやすいため注意が必要です。
高齢者向け肺炎球菌ワクチンの定期接種は原則として65歳以上の方が対象で、効果は5年間持続しますので、2回目以降は5年以上間隔をあけることが必要です。
なお、慢性心不全、慢性呼吸器疾患(COPDなど)、糖尿病、慢性肝疾患(肝硬変など)、養護老人ホームや長期療養施設などにお住まいの方、易感染性患者(免疫抑制剤やステロイド剤の全身投与を受けている方)といった慢性的な病気やリスクを有する方は、65歳未満でも接種が推奨されています。

風疹や麻疹の予防接種

風疹や麻疹は子供がかかる病気という印象が強いですが、大人もかかることがあり、重症化しやすく、麻疹の場合は死亡することもあります。そして妊娠初期の女性が風疹にかかると、生まれてくる子供が難聴や白内障、心疾患などの障害をもつ先天性風疹症候群になる可能性があるほか、麻疹に感染すると流産する危険性が高くなってしまいます。
これらのワクチン接種は妊娠中に受けられないため、妊娠を希望する女性は妊娠前に受けなければなりません。また、妊婦の方に風疹や麻疹をうつさないよう、パートナーの方や家族の方も接種しておきましょう。
子供の頃に接種を受けていない方はもちろんですが、1回しか受けたことがない方も抗体が十分ではない可能性がありますので接種をおすすめします。既に述べたとおり、風疹や麻疹の免疫がある方がさらにワクチンを接種しても体に悪影響はないため、過去の接種が不明な場合は安全のためにも「受けたことがない」と考えて接種した方がいいでしょう。

子宮頸がんワクチン

子宮頸がんワクチンの接種は、子宮頸がんの原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)の感染を防ぐために行います。女性特有のがんである子宮頸がんは乳がんの次に多く、特に20~30代の女性で増加しており、進行すると子宮の摘出が必要になる可能性があります。患者数は年間約1万人で、そのうち約3500人の方が亡くなっています。
ヒトパピローマウイルスには100種類を超えるタイプがありますが、子宮頸がんの発症に関連するものは約15種類といわれています。そのうち、子宮頸がんの原因の5割以上を占めているのが16型、18型と呼ばれる2種類で、ヒトパピローマウイルスワクチンにはこの2種類に対するワクチンが含まれています。
ウイルスは性交渉によって感染しますので、ワクチン接種はセクシャルデビュー前に受けることが大切です。定期接種は小学校6年生から高校1年生までの希望者を対象としていますが、大人でも任意で接種することができます。
子宮頸がんは早期に発見して治療できれば完治する可能性が高くなりますので、ワクチンの接種とともに、定期的に検診を受けるようにしましょう。

予防接種の注意点

予防接種を受けるためには予約が必要な場合が多いため、医療機関に問い合わせるなどして確認しましょう。また、ワクチンの成分に対してアレルギーを起こす方がいるほか、心臓や腎臓などの病気がある方は接種できないこともありますし、現在は健康な方でも過去に受けた治療や予防接種によっては接種できないワクチンもありますので、アレルギーや病歴などを事前に医師に伝えるようにしましょう。
接種当日は体温を測り、平熱を大きく上回っていたり、いつもと体調が違うと感じる場合は医療機関に相談してください。
接種後、まれに強いアレルギー症状が出たり意識の変化がみられることがありますので、30分程度は安静にして様子をみましょう。