タヒボNFD

タヒボNFDシリーズは、遥か1500年前から伝わる、
天然の生命力が生んだ樹木茶です。

タヒボNFDは大自然が私たちに与えてくれた大いなる力

タヒボNFDの歴史は、遥か1500年前に遡ることができ、様々な言い伝えが貴重な資料として残っています。その昔、古代インカ帝国のインディオたちは、この樹木の内部樹皮を煎じ、健康の源、神秘の樹木茶として愛飲し、ときには金と交換するほど貴重な宝物として珍重したといわれています。また、この樹木に感謝の念を込めて「神の恵み」や「神の光」を意味する「タヒボ」と呼んだとの言い伝えがあります。
南米植物学の世界的権威ウォルター・ラダメス・アコーシ博士は、早くからこのタヒボと呼ばれる樹木に着目し、50年間に及ぶ調査・研究から、タヒボの正体は、ノウゼンカズラ科の天然木タベブイア・アベラネダエであることをつきとめました。さらにその中でも、ある特定地域に生育するタベブイア・アベラネダエは、非常に有用性の高いことを発見しました。
大アマゾンに育まれ、南米植物学の世界的権威であるアコーシ博士によって科学の光を当てられて現代にタヒボNFDとして甦ったこの樹木茶を、ぜひ皆様の健康維持と美容にお役立てください。

タヒボNFDの原料は「神からの恵みの木」
タベブイア・アベラネダエ

タヒボNFDは、地球最後の秘境、南米アマゾン川流域に自生する自然木を原料とする天然樹木健康茶です。タヒボNFDの原木はこの地で古くから「神からの恵みの木」として崇められ、大切に飲み継がれてきました。
タヒボNFDの原料はノウゼンカズラ科の樹木です。ノウゼンカズラ科の植物は数多く世界中に分布(タベブイア属は全米では100種類以上)していますが、南米ブラジルに自生し赤紫色の花を咲かせる、学名タベブイア・アベラネダエ、しかも特定地域のものだけがタヒボNFDの原木となります。
タヒボNFDは、すべて樹齢30年以上で、アコーシ博士の指示に基づく特定地域にのみ自生する自然生育木から採取されています。いまだに人工栽培が不可能なため、アマゾンの大自然でしか育たない天然の生育木のみに限られています。この貴重な天然資源を保護するため、タヒボNFDの原木伐採は、ブラジル政府の管理のもとで、限られた伐採権者のみに許可されています。タヒボジャパンでは、現地の伐採権者と直接提携して自社での伐採体制を確立し、高品質な製品だけをお客様のお手許にお届けしています。
タヒボNFDの原木は、高さ30m、幹は直径1.5mに達するものもありますが、普通は直径50cm内外で直立しています。木質部は堅く、時にはチェーンソーでも刃の立たないことがあります。根は深く張り、激しい嵐にも倒されることはありません。原木の外皮と木質部にはさまれた僅か7mm程の内部樹皮(靭皮部)だけが、タヒボNFDの原料となります。内部樹皮には黄色味を帯びたもの、白っぽいものなどいろいろありますが、赤みがかった茶褐色のものが上質とされ、タヒボNFDはこの上質の原料だけを使用しています。

タヒボNFDは添加物無添加でノンカフェイン、100%天然です

天然樹木茶
タヒボTAHEEBO NFDスティック粉末
内容量:5g×63包

タヒボNFDは100%天然成分。添加物を一切含まず、しかもノンカフェインの天然樹木茶です。お子様からお年寄りまでどなたにも安心してお召し上がりいただけます。ビタミンやミネラルなど、健康維持と美容に欠かすことのできない各種栄養成分もバランスよく含まれています。

タヒボジャパンはタヒボのパイオニア

昭和60年の創業以来、タヒボジャパンは一貫してタヒボだけを取り扱ってきました。タヒボの無限の可能性に着目し、タヒボ茶で人々の健康をサポートしたいと考えたからです。その間、研究陣がタヒボの神秘をひとつひとつ科学的に解明し、安全性の確認や高品質の維持、そして新商品開発への取り組みを地道に続けてきました。そしてタヒボの持つ特性を現代科学で解明して人々の健康に役立てるために、医薬品に近い基準で研究を積み重ねています。その真摯な姿勢が多くのお客様から評価され、『タヒボジャパンのタヒボなら安心』という声につながっています。当店では信頼できる本物のタヒボ茶、タヒボジャパンのタヒボ茶をおすすめ致します。